スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--/--/-- スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

1.地震前の3月11日

2011年3月11日(金)


朝から晴れていました。春が近づき、陽が当たると少し暖かさが出
て来ました。

いつもの様に、混み合うバスで市街地へ…
チェーン店のカフェでコーヒーを飲み、オフィスへ出勤、いつもの
様に仕事を始めました。


その日の朝刊トップ記事は、沖縄に関して問題発言をしたアメリカ
のケビン・メア国務省日本部長が更送されたとのニュースでした。
大相撲の八百長問題、大学入試でネットの質問掲示板カンニング…
そんな感じの記事が並んでいました。


いつもと変わらない、通常の日常でした。


体験記1 3月11日朝刊
【画像】地震当日 2011年3月11日(金)の河北新報(地方紙)朝刊。

2日前に発生した、三陸沖震源の震度5の地震の記事。
下に、M6.0級の余震、1週間は警戒の見出しが…
この後、M9.0の地震が起きるなど、考えもしなかった。



少し前に、ニュージーランド地震がありました。
ビルが崩壊し、日本人が何十人も犠牲になりました。


2日前の3月9日(水)11:45頃に、三陸沖を震源とする地震
が発生し、震度5弱を観測しました。

身の回りに大きな被害も無く、日常も変わらず、大きな地震が通り
過ぎました。
あと数年は大きな地震は来ないな…と思いました。

津波は、最大60cmを観測。それでも養殖施設に被害が出ました。

昨年のチリ大地震での津波にて、三陸沖の養殖施設に大きな被害が
出て回復した矢先の津波。
津波の大きさは数十cmでも漁業関係者を落胆させ、海では以外に
大きな被害が出る事に驚きました。


しかし、養殖施設どころではない大きな危機が起きる事など、この時
にはもちろん誰も想像すらしていませんでした…。



備蓄のススメ トップへ

関連記事
スポンサーサイト


2013/05/06 東日本大震災◇体験記 トラックバック:0 コメント:0













管理者にだけ公開する

<< 2.大地震…それは突然襲って来た | HOME | はじめに >>

| このページの上へ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。