スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--/--/-- スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

非常時に重宝する調理不要の緊急食

災害時の食料として、まず思い浮かべるのは「乾パン」ではないで
しょうか?


乾パンに代表される、長期保存ができる食料といえば、保存優先に
できている様で、お菓子のような食料が多いです。

正直、この様な食料は、主食では無いので腹に溜まらず食べた気が
しません・・・。ですので、何日もこの様な食料だけでは辛いです。

しかしながら、地震発生当日等は店はどこも開いておらず、食べる
ものを買う事はできません。


さらに、地震によって家や部屋の中は、あらゆるモノが倒れて崩れ
て・・・足場の踏み場も無い状態になります・・・。

荒れた部屋1

座るスペースも無い程、あらゆるモノが散乱する状況で、調理器具
や食器、食材等を探し出して、食事を作って食べよう!
という気には・・・なかなかなれないものです。

こういった時に、しっかり食べれなくても何か口に入れるものがあ
るだけで、だいぶ変わります。

ですので、少しで良いので、すぐに食べれる緊急食を準備しておく
事を、おススメします。


ただし、食品は保存期間(賞味期限)があります・・・。
自分好みの食品を用意すれば、普段ちょっと小腹が空いた時などに
食べて、アウトドア時に食べて、減った分を補充する。
一例ですが、この様に自然に保存食を入れ換え出来るのが理想ですね。


1.乾パン・お菓子類

非常食としてまず思い浮かべるのが乾パンでしょう。
有名なサンリツの乾パンは、保存期間が5年です。




☆乾パンの検索はこちら


非常食用としてパッケージされたスナック菓子も、様々な種類が出
ています。同じものばかりでは飽きてしまうので、様々違うものを
揃えた方が良いです。

画像はリッツ、ビスコ、ハーベストです。保存期間は5年です。






☆保存用菓子の検索はこちら



2.缶詰

最近は、パンを缶詰に入れて保存期間を伸ばしたモノが出ています。
災害が起きると、すぐに食べれるパンは店頭から真っ先に無くなり、
手に入らなくなります・・・。

長期保存(5年が標準的)でも、柔らかいパンらしいパンが出てい
ます。




品切れするほど人気の、ボローニャの缶詰パンです。
美味しいと評判ですが、保存期間は短めの2年となります。



☆保存用缶詰パンの検索はこちら



様々な食品が缶詰になっています。
開ければすぐに食べれますし、おかずにもなる缶詰は重宝します。

※開ける際に缶切りが不要な「プルタブ」タイプを選びましょう。

焼き鳥・シーチキン・さばの味噌煮から、フルーツ・おでんまで!
色々な缶詰がありますので、自分好みで揃えてみましょう。







様々な缶詰を詰め合わせたセットも販売されています。
同じものばかりでは飽きますので、こうしたセットはお勧めです。



☆缶詰の検索はこちら



ここで紹介した類の食料は。。。
地震翌日からは、スーパー等が暫定開店し、菓子類は手に入れる事
ができますので(行列は覚悟して頂きますが・・・)、それほど多く
備蓄しておかなくても良いでしょう。

菓子類は1~2日分あれば良いと思います。
缶詰は、いくらあっても困りませんね~。



備蓄のススメ トップへ


関連記事
スポンサーサイト


2013/05/19 備蓄品カタログ◆食料 トラックバック:0 コメント:0













管理者にだけ公開する

<< 夜は暗闇「明かり・照明」は必須! | HOME | やっぱり一番必要な「水」 >>

| このページの上へ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。