スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--/--/-- スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

2014年3月11日 あの日から3年です・・・

2011年3月11日(金)東日本大震災。
あれから3年経ちました。

道路の段差は無くなり、ブルーシートで覆われた屋根も無くなり、
ビルを覆っていたネットも無くなり、内陸で暮らす分には震災後を
意識する様な事は少なくなりました。


しかし、今でも約26万7千人の方が、全国1200の市町村に散
らばって避難生活を続けています(復興庁H26.2.13現在)。

死者15,884名、行方不明者はまだ2,636名もいらっしゃいます
(警察庁H26.3.8現在)。

亡くなった方々も三回忌を迎えます・・・。



被災地に立ち並ぶ、約5万3千戸の応急仮設住宅にも沢山の方が避
難生活を続けています。

見た目は立派に見えますが所詮はプレハブ。夏は暑く冬は寒く、隣
の生活音がまる聞こえで、気を遣う生活が続きます。もう3年です。


家を、車を、思い出の品々を、全財産を、学校を、職場を、収入源を
、あるいは家族や友人までも。。。

1日で失った被災者は、これまでの借金は非情に残り、いちから生活
基盤を積み上げなければなりません。働き口を見つけて、また借金を
して住処を得て。この途方もない再建に不安を募らせています。これ
らを皆が成し得ない限り、復興は実感できないでしょう。


3年目南三陸町1

瓦礫はすっかり片付きましたが、その後土地は放棄状態で、一面雑草
が生えてきました。自然に還っていっている様です。
この様に、何もない草原は津波に全て流された風景です。


3年目陸前高田市1

平地をかさ上げすると決めた陸前高田は、工事車両が大量に走り回り、
古墳の様な土の塊があらゆる所に出現し、平地全体が工事現場の様相
で、埃っぽいです。


全国の方々の応援を得て、復興に向けた工事は始まりましたが、災害
公営住宅は、まだ計画の5%も完成していません。
土地の確保・造成から始まる訳ですから、そう簡単には進みません。

これも、東京オリンピック開催に向けた、首都圏の建設ラッシュの予
兆で、春から来れないかも・・・という反応が出始めているのだとか。
復興が、平和の祭典オリンピックに足を引っ張られる事が現実味を帯
びて来ました。


事業の増大により、労働力や資材が不足し、警備員が確保できない、
リース屋から機材が借りれない、下請けの業者が見つからない、入札
が何度も流れた等、といった話を良く聞きます。

復興事業は遅れ、金額の高騰が自力再建をも阻んでいます。


地元では、今でも地元局TVや地元紙で毎日震災に関わるニュースが
報道されています。

たった3年では、あの大災害から立ち直る事はできません。

東日本大震災は、まだまだ現在進行形だと思います。


ご参考> 復興庁 公式サイト


備蓄のススメ トップへ

スポンサーサイト

2014/03/10 東日本大震災◇体験記 トラックバック:0 コメント:0


| HOME |

| このページの上へ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。