スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--/--/-- スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

やっぱり一番気になる・・・携帯電話・スマートフォンの充電

停電すると、携帯電話やスマートフォンの充電が出来なくなります

地震等の大規模災害が発生すると、ほぼ同時に通信規制が掛かり、
更に電話や通信が集中し、電話が繋がるのは奇跡的な事になって
しまいます。
メールも数時間毎にちょっとだけ送受信できる様な状況となります。

そんな状況なので、携帯電話やスマートフォンは、ほとんど使えない
モノとなってしまいますが、普段持ち歩いているものなので、電源が
入っていないと、とても気になってしまいます。

どんなタイミングで電話等の連絡が入るかも知れませんし、一時的で
もネットやメールが通じるかも知れません。


停電で使えないテレビの代わりに、ワンセグテレビを見て情報を入手
できますし、写真や動画を撮影して記録を残したり、気晴らしに音楽
を聴いたり、スマホではラジオも聞けます。。。

大事な安否確認や有効活用をしたいと思えば、電源が切れる事態は避
けたいところです。

携帯スマホ充電1

しかし、充電できる手段が無いと、なるべく電気を使わないよう使用
を抑えなければならず、非常にストレスが溜まる事になります・・・。

そんな事で、東日本大震災の時も、節電のためテレビを見るのを我慢
したり、写真や動画の撮影等、使用を抑える人が非常に多かったです。

ですので、停電時でも携帯電話やスマートフォンを充電できる手段を
用意しておきたいところです。

地震後は、停電時でも使える充電機は、真っ先に店頭から消えてまず
手に入りませんので、事前に準備しておく事をお勧め致します。

特にスマートフォンやタブレットは、普段でも電池の消費が早いので、
準備は必須です!



1.電源が乾電池の充電器

停電時の電気の基本は、小さくても安定した電源となる乾電池です。
携帯の充電器は、単三電池2本を使うタイプが主流です。

コネクタが、自分の携帯に合うかは要確認です!
どんな機種にも対応できる様、複数のコネクタが用意された充電器も
多いです。



電池の消耗が早いスマートフォンは、単三乾電池4本を使用する充電
器が主流です。
コネクタ形状の確認が必要です!
iPhone用とアンドロイド用で異なります。





☆携帯・スマホ充電器(乾電池)の検索はこちらから


2.電源がソーラー等の充電器

ソーラー発電の充電器もあります。
充電効率はあまり良くないですが・・・最終手段用として良いかも
しれません。





☆携帯・スマホの充電器(ソーラー発電)の検索はこちらから


ソーラー発電に加えて、手回し発電で充電できるタイプもあります。
主に、多機能懐中電灯で、照明やラジオに加えて携帯も充電できる
タイプが多いです。





☆携帯・スマホも充電できる多機能ライト・ラジオ(ソーラー・手回し発電)の検索はこちらから


3.車で充電する

停電時でも、車の電源ソケットから充電する事ができます(エンジ
ンが掛かっている時)。
これは、普段でも結構使えますのでお勧めです!
コネクタ形状(各種携帯・スマホ)は、要確認です。







電源ソケットを増設しておけば、複数の携帯を充電できます!



☆携帯・スマホの充電器(車載シガーソケットから受電)の検索はこちらから



備蓄のススメ トップへ


スポンサーサイト

2013/06/16 備蓄品カタログ◆電源 トラックバック:0 コメント:0

あれば心強い電源「乾電池・発電機・充電機」

停電となって、必ず必要となるのが照明(明かり)です。

懐中電灯や電気ランタンなどを使う事になりますが、これには乾電
池が無ければ使えません。

手回しハンドルやソーラーで発電するものも増えていますが、安定
して長時間使うには、乾電池にはかないません。


携帯電話やスマートフォンの充電器も、停電下では乾電池式のもの
を使う事になります。ラジオも同様です。

電源1

有事の際には、乾電池は真っ先に売れ切れてしまい、ほぼ入手不可
となります。
ですので、あらかじめ準備しておく事をお勧めします。


地震の際は、電気が回復するまで2~5日程度掛かりますので、こ
の日数持つ程度の準備で大丈夫です。

何でもそうですが、余分に備蓄があると、実際に使わなくても安心
感があり、心に余裕が出ます。

東日本大震災を機に、家庭でも使える小型の発電機や充電機も注目
されています。



1.乾電池

停電時の基本電気として、まず思い浮かぶのは乾電池でしょう。
乾電池をまとめ買いしようとすると、その重さに持ち帰るのが大変
ですので、通販を利用するのも一手です。

購入後は、どこへ仕舞ったか…無くしてしまう事も多いですね…。
保管場所をきちんと決めておく事をおススメします。

単一乾電池。懐中電灯などで使用する場合が多く、まずは準備した
いです。



単二乾電池。結構この大きさの電池を使うものも多いです。



単三乾電池。小型のラジオや、携帯充電機等で必要となります。



☆乾電池の検索はこちら



2.発電機

東日本大震災を機に、家庭用の小型発電機が注目されました。
騒音が少なく、コンセントをそのまま挿せるタイプが便利です。
非常用電源として力を発揮します。

ガソリンを燃料として使うコンパクトな発電機です。
(オイルも必要です)。



ガソリンを燃料として使うインバーター発電機です。
(オイルも必要です)人気のホンダ製です。



カセットコンロで使うガスボンベを燃料として使う発電機です。
小型で手軽に使用できると人気となりました。



☆発電機の検索はこちら



3.充電機・UPS

普段充電しておき、停電時は電源となるバッテリーも、制限はあり
ますが有効です。
発電機より安価なのも魅力です。

家庭用のコンパクトタイプの充電機です。
家電にも対応できるバッテリーです。



無停電電源装置(UPS)です。パソコン等に繋いでおき、停電時
もパソコンの電気を維持してデータを守るものです。

コンセントが挿せますので、使い方によっては非常用の電源として
活かせます。



☆無停電電源装置UPSの検索はこちら




備蓄のススメ トップへ



2013/06/16 備蓄品カタログ◆電源 トラックバック:0 コメント:0


| HOME |

| このページの上へ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。