スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--/--/-- スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

しばらくお世話になるインスタント・レトルト食品

弁当や惣菜、おにぎりに菓子パン。。。
普段何気なく気軽に買っている「買ってすぐに食べれるモノ」。

地震等の災害の際には、真っ先に欲しいものですが、残念ながら、
この類の食品は地震直後から、ほぼ手に入りません・・・。

店は開いてませんし、空いている店を見つけても、棚は空です。

コンビニの空棚1

こうした状況は、食品工場が復旧するか、流通がある程度持ち直
すまで数週間続く事になります・・・日持ちしないこうした食品は、
供給を立て直すのも難しい様です。

この期間、お菓子のような非常食ばかりでは満腹感を得られませ
んので、インスタント食品がメインの食事になります。


カップラーメンをはじめとした、お湯を注げば食べれるもの。
ご飯やカレー等、お湯に浸ければ食べられるレトルト食品
レトルト食品は、電気さえ復旧すれば、電子レンジで更に簡単に
調理できます。

インスタント食品やレトルト食品は、沢山の種類がありますし、
本格的な味わいのモノも沢山あります。

手軽に調理して食べれて、食器を使わないので洗浄の水も必要無
く、カップやトレーを破棄して食事を完了させる事ができる、優
れものです!

お湯さえ沸かせれば、こうした食品は便利で重宝!お腹を満たす
事ができます。

 【過去記事】お湯を沸かすコンロはこちらで紹介しております。
  火があれば被災生活の質が上がる「コンロ・石油ストーブ」


こうした食品は、消費期限も長めな事から、地震後も残った在庫
品等をスーパーやコンビニで入手できます。

ただし、店が開いている事と長い行列に並ぶ必要があります・・・。
入手できるとはいえ、大変な苦労を必要としますので、予め備蓄
しておく事に越した事はありません。



1.インスタント食品 

お湯を注げば食べられるカップ麺類は、手軽に食べれて食器も必要
無く、ある程度満腹感も得られるので重宝します。


1種類では飽きますので、色々な種類のものを揃えておく事をお勧
め致します!予め様々なカップラーメンをセットにした商品を取り
寄せする事が出来ます。


カップ麺と言えば「やきそば」も定番ですね~ラーメンだけでは飽き
ますので、焼きそばもストックしておきたいところです。


「うどん」、「そば」、「焼きうどん」色々ありますので、毎日食べ
ても飽きない様に色々組み合わせてみて下さい。


普段もちょっと小腹が空いた時などに食べれますので、食べながら補
充できれば、食料の入れ替えにも役立って良いですね。

☆インスタント食品の検索はこちら


2.レトルト食品

インスタントより本格的なメニューが揃い、お湯に数分入れておけば
簡単に出来上がり。電気が復旧すれば、電子レンジで更に簡単に調理
できます(ライフラインは電気が一番早く復旧します)。

水も出ないので、食器を洗わなくて済む様、使い捨てトレーに入った
タイプを備蓄しておくと良いでしょう。


主食の米(ご飯)は用意しておきたいところですね!
これとおかずを組み合わせれば、災害後も充実した食生活を送れます。


ご飯にカレーがあれば、立派な食事の出来上がりです!
色々な種類が入った詰め合わせ商品を用意できれば、飽きずに食べる事
ができます。


丼物から惣菜まで、レトルト食品は本当に沢山の種類があります。


☆レトルト食品の検索はこちら



備蓄のススメ トップへ


スポンサーサイト

2013/08/18 備蓄品カタログ◆食料 トラックバック:0 コメント:0

非常時に重宝する調理不要の緊急食

災害時の食料として、まず思い浮かべるのは「乾パン」ではないで
しょうか?


乾パンに代表される、長期保存ができる食料といえば、保存優先に
できている様で、お菓子のような食料が多いです。

正直、この様な食料は、主食では無いので腹に溜まらず食べた気が
しません・・・。ですので、何日もこの様な食料だけでは辛いです。

しかしながら、地震発生当日等は店はどこも開いておらず、食べる
ものを買う事はできません。


さらに、地震によって家や部屋の中は、あらゆるモノが倒れて崩れ
て・・・足場の踏み場も無い状態になります・・・。

荒れた部屋1

座るスペースも無い程、あらゆるモノが散乱する状況で、調理器具
や食器、食材等を探し出して、食事を作って食べよう!
という気には・・・なかなかなれないものです。

こういった時に、しっかり食べれなくても何か口に入れるものがあ
るだけで、だいぶ変わります。

ですので、少しで良いので、すぐに食べれる緊急食を準備しておく
事を、おススメします。


ただし、食品は保存期間(賞味期限)があります・・・。
自分好みの食品を用意すれば、普段ちょっと小腹が空いた時などに
食べて、アウトドア時に食べて、減った分を補充する。
一例ですが、この様に自然に保存食を入れ換え出来るのが理想ですね。


1.乾パン・お菓子類

非常食としてまず思い浮かべるのが乾パンでしょう。
有名なサンリツの乾パンは、保存期間が5年です。




☆乾パンの検索はこちら


非常食用としてパッケージされたスナック菓子も、様々な種類が出
ています。同じものばかりでは飽きてしまうので、様々違うものを
揃えた方が良いです。

画像はリッツ、ビスコ、ハーベストです。保存期間は5年です。






☆保存用菓子の検索はこちら



2.缶詰

最近は、パンを缶詰に入れて保存期間を伸ばしたモノが出ています。
災害が起きると、すぐに食べれるパンは店頭から真っ先に無くなり、
手に入らなくなります・・・。

長期保存(5年が標準的)でも、柔らかいパンらしいパンが出てい
ます。




品切れするほど人気の、ボローニャの缶詰パンです。
美味しいと評判ですが、保存期間は短めの2年となります。



☆保存用缶詰パンの検索はこちら



様々な食品が缶詰になっています。
開ければすぐに食べれますし、おかずにもなる缶詰は重宝します。

※開ける際に缶切りが不要な「プルタブ」タイプを選びましょう。

焼き鳥・シーチキン・さばの味噌煮から、フルーツ・おでんまで!
色々な缶詰がありますので、自分好みで揃えてみましょう。







様々な缶詰を詰め合わせたセットも販売されています。
同じものばかりでは飽きますので、こうしたセットはお勧めです。



☆缶詰の検索はこちら



ここで紹介した類の食料は。。。
地震翌日からは、スーパー等が暫定開店し、菓子類は手に入れる事
ができますので(行列は覚悟して頂きますが・・・)、それほど多く
備蓄しておかなくても良いでしょう。

菓子類は1~2日分あれば良いと思います。
缶詰は、いくらあっても困りませんね~。



備蓄のススメ トップへ



2013/05/19 備蓄品カタログ◆食料 トラックバック:0 コメント:0

やっぱり一番必要な「水」

今も昔も、何だかんだ言っても無いと困るものナンバー1は「水」
です。

自分も、東日本大震災の際は、水の確保や使用にはだいぶ苦労
しました…


普段は、蛇口を捻れば当たり前に水が使えます。

朝起きて、顔を洗い歯を磨き、トイレへ行き、手を洗い、食事を作
り、コーヒーを飲み、食器を洗う。
帰宅後も同じ事を繰り返し、お風呂に入ったり、シャワーを浴びた
り…

飲む以外にも、こうしてあらゆるシーンで水を使います。
地震の後は、片付け等もあり、余計に水を使いたくなります。


しかし、断水で水が出なくなると、これらの事が全て出来なくなる
という事態になります。手を洗う事もできないのです!


自分は、断水するまで、これほど水を使っていた事に気付きません
でした…ですので、地震の際は誰もが「水がまずは欲しい」と言っ
ていました。

給水車1

断水により水が止まると、店からは真っ先に水は無くなります

断水範囲が広大で、他地域からの応援が入らない数日間は、給水場
所も非常に少なく、給水所は長蛇の列となります。

2時間並んで、貰えた水は2Lペットボトルで2本分だけ…
そんな事態に陥ります><


通水地域が出てきて、他地域から給水車の応援が増える、地震後1
週間くらいになると、各避難所や町内に給水車が来る様になります。

また、友人や身内等の知り合いの住んでいる地域で通水が始まれば、
水を分けてもらう事もできる様になります。

こうした状況になるまでの1週間、水の備蓄や確保手段を考えてお
いた方が良さそうです。




1.ペットボトル2Lの水

備蓄としてまず思い浮かぶのは、大きいペットボトルの水でしょう。
2Lペットボトルは、水を使ってからも、給水を受け取る際に活躍
します。

水は口にも入れるものですので賞味期限があり、備蓄するのであれば
期限切れの前に買い換える等の管理も必要です。

備蓄用として、賞味期限5年の軟水が一般的でお勧めです。

 





2.ペットボトル500mlの水

断水時、実際に水を使う際は、大きい容器ですと重くて扱いずらいも
のです。手を洗う、別の容器に水を移す等、想像してみて下さい。
そういった意味で、500mlペットボトル位ですと、水を利用しや
すいです。

2Lペットボトルより保管スペースや買い替え等の難点がありますが、
普段からペットボトルの水を飲む方などは、500mlの水を余分に
準備し、備蓄用とするのも良いと思います。



賞味期限による買い替えの手間を減らしたい場合、賞味期限10年の
保存水もあります。


☆保存水の検索はこちらから



3.給水容器

最低限、水を汲むための容器は準備しておきたいところです。
水の備蓄が無くても、容器があれば給水を受けて水を確保する事がで
きます。

水を手に入れて、水を使う時の事を考えると、コック(簡易蛇口)が
付いているタイプのものが使いやすいです。




コンパクトに備蓄収納しておきたい場合は、折りたたみ式のウォータ
ータンクもあります。


☆給水タンクの検索はこちらから



4.ウォーターサーバー

水の宅配で利用者が増えているウォーターサーバー。
綺麗で美味しい水とお湯をいつでも使え、重い水はタンクで自宅に届
きます。

地震による断水時は、大きなタンクの水があって重宝したと、利用し
ている方から聞きましたので、普段から利用しながら備蓄も兼ねる事
ができるという事が分りました。

ウォーターサーバーは、自分で購入する方法と、レンタルする方法が
あります。



☆ホームウォーターサーバーの検索はこちらから




備蓄のススメ トップへ



2013/05/19 備蓄品カタログ◆食料 トラックバック:0 コメント:0


| HOME |

| このページの上へ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。