スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--/--/-- スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

地震から車は守れるのか?・・・自動車保険

東日本大震災では、押し寄せた津波に無数の車があっけなく流され
ました。本当に大量の車が押し流され・・・処分されました。

その様子をテレビで見れば、地震や津波で車が被害受けても補償さ
れる自動車保険を考えるでしょう。


津波だけでは無く、地震による建物や塀等の倒壊や崖崩れに巻き込
まれて車がダメージを受ける事例もあります。

津波車流出1


自動車保険のパンフレットを見ると、車両保険に入れば、火災・爆
発・落書き・いたずら・窓ガラスの破損・台風・洪水・盗難・飛来
物等で被害を受けたら補償します~という様な事がイラスト入りで
解説されていますので、地震も補償されると思ってしまいますが・・・


地震や津波・噴火による被害は補償されませんっ!


補償を受けるには、自動車保険で車両保険にも加入し、更に地震災
害等を補償する特約を付ける必要があります。

(特約の例)保険会社により名称が異なる場合があります。
 ・地震・噴火・津波危険「車両全損時一時金」特約
 ・地震・噴火・津波「車両全損時定額払」特約   ~などなど。


この特約の名前から察しが付くと思いますが、付帯してもその補償
内容は限定的です。

その多くは、車が「全損」となった場合、50万円が支払われます。
(車両保険の保険金額が50万円に満たない場合は、保険金額が限
 度となります)。

つまり、「全損」と判定されないと保険金は支払われないのです。
支払われても、50万円です。


地震や津波の様な大規模災害での保険金支払いは、保険会社もかなり
大きなリスクとなるので、この様な限定的な内容となっていると思わ
れます・・・><


車を買い換える「足し」にしかなりませんが、いざという時に50万
円の差は大きいかも知れません。

車は、一度でも水没すると、全損扱いでどこも修理は引き受けてくれ
ませんので、心配な方は検討されてみてはいかがでしょうか?





備蓄のススメ トップへ

スポンサーサイト

2013/11/01 備蓄品カタログ◆保険 トラックバック:0 コメント:0


| HOME |

| このページの上へ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。