スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--/--/-- スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

身を守る定番品「マスク」

マスクと言えば、風邪や花粉症、インフルエンザを思い起こす方が
多いと思います。
細菌から身を守るため、細菌を周りに出さない様に。。。と、
マスクは有用です。


あまり普段はイメージできませんが、災害の際もマスクは必需品
なり得ます。

地震で建物が倒壊等すると、多くの埃が発生します。
また、津波や洪水の際も、数日後に累積した土や泥が乾燥し、土埃
が舞います


こうなると、マスク無しでは埃っぽくて外を歩けない程になります。

土埃1

東日本大震災では、原発事故で飛散した放射能から少しでも身を守
ろうと、多くの方がマスクをしました。


マスクは、普段「風邪や花粉症、インフルエンザ」等の時に使いま
すが、災害時にも欲しくなります。

しかし、2009年の新型インフルエンザ流行時には、マスクが売
り切れて店頭から姿を消しました。
地震の後も、店自体開いていないので買えません…

こうした事から、普段から多めにマスクを用意しておく事を、お勧
めします。



1.一般的な使い捨てマスク

一般的になった使い捨てマスク。
1箱50枚入りが一般的です。数箱まとめ買いしておくと、いざとい
う時に重宝します。




2.複層マスク

不織の布を三層に重ねたマスクです。
一般的なマスクより、細菌や埃を通さない構造です。



3.子供用のマスク

お子様に普通のマスクは大きすぎますよね…隙間もできてしまいます。
お子様用の小さめのマスクを用意しておきたいものです。



☆マスクの検索はこちら




備蓄のススメ トップへ


スポンサーサイト

2013/06/16 備蓄品カタログ◆医療品 トラックバック:0 コメント:0


| HOME |

| このページの上へ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。