スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--/--/-- スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

トップページ

災害は突然、自分の身に降りかかってきます。

テレビで見て遠い所の事と思っていても、いつ自分が被災者になるか
分りません。
経済活動が停止しライフラインが止まったら、どう生活するのか? 
日頃の準備が、いざという時に必ず役に立ちます。
そんな事で「備蓄のススメ」ぜひご活用下さい!


東日本大震災…体験記

大きな被害が出た津波被災地域、福島第一原発の事故が大きく報じ
られましたが、内陸部も震度6以上の地震を受けた被災地です。
仙台市の市街地や住宅地はどうだったのか?生活はどうなったのか?
体験を綴ります。

 1.地震前の3月11日
 2.大地震…それは突然襲って来た
 3.3分の地震で世の中が変わり果てた
 4.異様な街…雪が降り暗闇が迫る
 5.地震の夜…徒歩で帰宅する…市街地編
 6.地震の夜…徒歩で帰宅する…住宅地編
 7.地震の夜…自宅の状況

 2014年3月11日 あの日から3年です・・・

 ~引き続き、体験記を追加していきます。


備蓄品カタログ
東日本大震災の経験より、準備すべきモノを紹介します。

 やっぱり一番必要な「水」
 非常時に重宝する調理不要の緊急食
 しばらくお世話になるインスタント・レトルト食品

 夜は暗闇「明かり・照明」は必須!
 生死を分ける事も…情報は重要「ラジオ・テレビ」
 火があれば被災生活の質が上がる「コンロ・石油ストーブ」
 あれば心強い電源「乾電池・発電機・充電機」
 災害の長期化に備えて「ガソリン・灯油等の燃料タンク」
 やっぱり一番気になる・・・携帯電話・スマートフォンの充電

 家具・家電の転倒防止対策は効果的「耐震アイテム」
 身を守る定番品「マスク」

 地震から車は守れるのか?・・・自動車保険

~引き続き、追加していきます。


※2013年6月・・・旧サイトより→当ブログへ移行しました。

スポンサーサイト

2037/04/08 トップページ トラックバック:0 コメント:3


| HOME |

| このページの上へ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。